【ブログ】これがwithコロナ時代のライブかーとちょっとだけ考えた話

先日のエントリ「大阪&神戸グルメ記」では2020年1-2月のことを書きましたが、2月下旬ごろから徐々にコロナ感染者が増加していき、ニュース等で取り上げられることも大きくなってきました。

GoogleTend_コロナKWでの推移
GoogleTendで見た「コロナ」キーワードの推移

アーティスト何某のライブやコンサートの延期や中止もその頃から相次いで発生してきましたが、自分もご多分に漏れず、行こうとしていたBAD HOP@横浜アリーナのライブが公演中止。。。

ただ、不幸中の幸いで、YouTubeでの無観客ライブ配信へ変更となりました。

BAD HOP WORLD2020
BAD HOP WORLD2020でのTwitter告知

LIVE=生、という考え方は勿論ありますが当日見ていて率直に思ったことは「すげー楽」ということ。

プロのカメラマンが撮っているので映像のクオリティが担保されている中で、好きなタイミングでお酒やご飯を取れるのは当たり前、喫煙者であればいつでもタバコを吸ってもいい、そしてトイレもいつでも・何回でも行けるのってだいぶ快適・・・。(自宅だと音響はなかなか厳しいものはありますが)

BAD HOP WORLD2020ライブ終了後
BAD HOP WORLD2020ライブ終了後

すげーなあ。アーティスト的には微妙やろうけど一視聴者としては全然アリやなとか思いを巡らせながらライブ配信を観ていたらあっという間に配信は終了。実際には当日同時刻に、自分が好きなNUMBER GIRLのライブ配信もあったので、若干行ったり来たりしてしまいましたが(笑)。なお、BAD HOPは後にクラウドファンディングで募金募っていて、やっぱりかっこいいライブだったので小口ながら初めて募金もしてみました。

まだまだライブやコンサートでは入場制限がありますが(というより、これがコロナ禍におけるニューノーマル?)、正直微妙な席になってしまいそこで観るよりも、視聴環境さえ整えたらそっちの方が良いケースもありそう、と普通に思ってきています。そもそも野球とかサッカーのスポーツ観戦もそうか。先週末にライブ視聴で観たUMB2020というMCバトルの大会も臨場感あって良かった。

とりとめもなくなってきましたので本日はこんなところで失礼します。

SNSフォローはこちら